教育実践基礎論(学部2年生)

教員に必要な「音声言語表現能力」と「授業デザインの力」を身に付けることを目指した授業です。主にディベートで「音声言語表現能力」を訓練し、ディベートの論題で、教育現場にある諸問題を考える見方を身に付けます。そして模擬授業では、1人20〜30分(講座受講人数による)の授業を行い、目標・学習・評価を的確に設定する力を磨きます。

​課題達成のためには労力、時間をふんだんにかける必要がありますが、かければかけたほど自分の成長が分かる学びになるはずです。

2020年度

授業内容

  • 授業デザインの作り方

    • ​​学習指導略案を作成し、添削を受け、互いに修正し合う。

  • ​​1人20分の模擬授業

    • ​授業者役、学習者役、観察者役に分かれ、模擬授業を客観的に分析する。

    • ​授業者は自分の授業のビデオを閲覧し、観察者役のレポートを見て、分析する。

  • ​​新潟県立高田商業高等学校の生徒とのリモート小論文授業

    • ​​同じ論題について高校生と大学生が交流し、主張のメリット、デメリットについて質問し、小論文を書き上げる。

2019年度

授業内容
  • 模擬授業受講(国語・古典(短歌))→模擬授業への意見
  • ディベート 論題:「公立・国立全学校は固定学級制、学級担任制を廃止し、流動学級制、学年チーム指導制を導入すべし。」
    • ​​3〜4人チームになり、肯定側、否定側、ジャッジを2回ずつ行いました。
  • 模擬授業(各人20分間)
    • ​​模擬授業の内容(抜粋)
      • ​「相手の立場に立って…」道徳
      • 「海の命」国語
      • 「毎日の朝食をふりかえろう」家庭科
      • 「私たちの暮らしと経済」社会科
      • ​「生き物と環境」理科
    • 模擬授業では​授業者と学習者と観察者の役割があり、観察者は、授業者、学習者の行動を詳細にレポートします。授業を観察する力も付けることができます。
  • ​​ふりかえり 1人5分程度でスライドを使い、この授業での各自の学びのふりかえりを行います。

2017年度

本年度は以下の授業をおこないました。
  • 模擬授業受講→模擬授業への意見
  • ディベート「公立・国立高等学校は進学指導を禁止すべきである。」
  • 模擬授業(各人30分間)
 
下は,​ある回のディベートの様子の動画です。
ディベート2019.png
模擬授業2019.png

directed by 片桐史裕

  • Facebook